餌を食べる犬と猫

安心できる猫の食べ物

安全なキャットフードの条件は合成着色料などが無添加なものがもちろんですがそれに加え人間の食用に適さない食材や、猫にとって消化が悪い食品などを使っていないことです。安全なキャットフードは商品の原材料表示を確認するが一番ですが、初めて探す方はインターネットの口コミサイトを活用することをお勧めします。

猫

安心できるものが多い

飼い猫に与えるキャットフードは安全性を重視しましょう。例えば、無添加のものがおすすめです。もしくは人間でも食べられるといった商品なら試食をして安全性を確認できるので安心できることでしょう。他にはランキングサイトを参考にするのもいいかもしれません。

餌

猫用フードの選び方

現在はいろんな体質や年齢に合った安全なキャットフードが選べるので、猫の飼育もずいぶんしやすくなりました。また病気になった時は療法食でコントロールできるので、飼い主は安心して飼い猫を飼育することができます。

ネコ

愛猫のごの選び方

食べ物の製造環境や食の偏りなど、猫は人とは食の環境がかなり違うので人間が食べる感覚でキャットフードを選ぶとかえって愛猫の健康を害してしまいます。しかし、食の好みが違う、食べさせないようにしたい食べ物がある等、安全性に共通する部分も実は多いのです。

女性と猫

品質の良さをチェック

キャットフードは実に多くの種類がありますが、健康のためには安全性の高さを重視したいところです。添加物や原材料は商品ごとに違いがありますので購入前はどのような材料や添加物が使われているかしっかり確認しておきましょう。

愛猫に与えるもの

ネコ

表示を確認する

飼い主であれば、愛猫には安全なキャットフードを選びたいと考えるでしょう。そのため、国産のキャットフードを買うようにしているという人も少なくありません。ところがキャットフードに関しては、必ずしも国産に比べて海外産は粗悪であるとは言い切れないのです。なぜなら日本では、キャットフードは食べ物として扱っていないからです。そのせいで、食品に使ってはいけないものでも、キャットフードに含まれている可能性があります。それに対して海外では、動物愛護の観点から、安全に配慮してキャットフードが作られています。そのため、安全にこだわるなら輸入されたキャットフードを選ぶ方が無難です。どうしても国産のキャットフードを買いたいのであれば、無添加と表記されているものにしましょう。これは着色料や香料、酸化防止剤といった発ガン性物質が含まれていないことを意味するので、比較的安全です。また、袋に「アレルゲンのチェック済み」と書かれているのかもチェックしておきたいところです。これがあれば、アレルギーを引き起こすかもしれないものを取り除いている、もしくはテストしているので安全ということになります。グルテンフリーというのも安全なキャットフードと言われています。猫は穀物を消化吸収するのが苦手で、それらを含まないため体への負担が少ないです。以上のことを確認した上で買いたいですが、猫の種類や年齢によって合わない場合があるので、与えた後はしっかりと体調を見ておきたいです。