品質の良さをチェック

女性と猫

原材料や添加物を確認

猫の食事には市販のキャットフードが便利ですが、毎日食べる物だからこそ安全性にはこだわりを持ちたいところです。キャットフードは長期に保管ができるのが便利ですが、長期に品質を保持するためには保存料が使われることが多く、これが猫の体に負担となってしまうこともあります。人間の体には安全なものであっても、体の小さな猫には大きな影響が出てしまう可能性もあります。そしてキャットフードは美味しそうに見せるために着色料が使われていることが多いですが、これは飼い主へのアピールであって猫の場合は食欲は色で変わるわけではありません。それゆえ色の良さで選ぶということも避けたいところです。キャットフードは魚や肉類が使われていることが多いですが、安価なフードの場合は本来は廃棄すべき材料が使われている可能性もあります。やや高価であっても人間が食べられるぐらい安全性の高い良質な材料を使っているキャットフードを選んでおくとより安心です。さらにドライフードでは小麦などの穀類が使われていることも多いですが、穀物も本来は猫は必要としてない食材です。体質によっては穀物でアレルギーが起こる可能性もありますので安全性を重視するなら穀物不使用のフードを選ぶこともおすすめです。そして粗悪なフードはそのままでは食いつきが悪いため人工香料で食いつきを良くしているものもあります。本当に質の良い材料を使ったフードであればそうした香料を使う必要もありません。それゆえ過剰に香りが付いているフードも注意したいところです。